安間伸

書評

安間伸『超絶バブルの安全な投資術 バブル期に始める株式投資の勝ち方』★★★

 著者繋がりで読む。基本的にアベノミクスの金融政策の解説と礼賛。  悪い内容ではないが、今読んでも当たり前のような。2013/7/12の本らしいが、出た頃に読んでおけばよかったかな。
書評

安間伸『ホントは教えたくない資産運用のカラクリ4 新バフェット流で資産形成』★★★

 いままででカバーデザインとタイトルが一番おとなしくなったと思ったら、裏腹に内容はシリーズで一番いまいち。バフェットの部分は数多あるバフェット本の中で特に勝るところはない。  タイトルからは予想できないが、Part3の内容はオプ...
書評

安間伸『ホントは教えたくない資産運用のカラクリ (3) 「錬金術入門」篇』★★★★★

 またしてもタイトルとデザインが胡散臭いが、非常に良い。前2冊よりも中身が普遍的で、クセも弱く、今のところシリーズで一番良い。  基本的に初心者向けであることも同じだが、中級者以上でも、おさらいあるいは大事なことを忘れてないかの...
書評

安間伸『ホントは教えたくない資産運用のカラクリ2 タブーとリスク篇』★★★★

 これもカバーとタイトルが胡散臭いが、内容は極めてまとも。今の視点だと、さすがにこれといった収穫はないが、初心者の頃に読みたかった。
書評

安間伸『ホントは教えたくない資産運用のカラクリ 投資と税金篇 2016』★★★★

 ちょっと胡散臭いタイトルと、すごく胡散臭いカバーイラストながら、内容は至って真面目。税金に絞ってまとめられたのはあまり見たことがなかったので、おすすめ。  初めて知ったのは、過去の税制がもっと酷かったということと、3%以上の大...
タイトルとURLをコピーしました