書評

書評

みきまる『楽しみながらがっちり儲かる 優待バリュー株投資入門』★★

 まとまってる分の価値はあると思うが、良くも悪くも普段のブログ通りの内容。運悪く優待・優待株投資自体に逆風の環境でもあるし。
書評

会社四季報編集部『得する株をさがせ! 会社四季報公式ガイドブック』★★★

読んだ。まあまあ良い本。言葉や項目の定義だけじゃなく、数字の解釈の仕方まで説明されている。内容としてはファンダメンタルズ投資の入門書に近い。 pic.twitter.com/U8wNZ5I0Wv— 駄犬 (@da...
書評

『ラディカル・マーケット 脱・私有財産の世紀: 公正な社会への資本主義と民主主義改革』★★★★★

既得権と独占を壊せ!自由な社会の作り方 | 政策 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準 Radical Democracy ― 革命的な民主主義を実現するためのQuadratic Votingについて | AL...
書評

鈴木祐『科学的な適職 4021の研究データが導き出す、最高の職業の選び方』★★

 特別何が悪いというわけではないけど、いわゆる「まとめサイト」の書籍版て感じがする。最初からそのつもりで利用するならありかも。
書評

スティーブン・ピンカー『21世紀の啓蒙: 理性、科学、ヒューマニズム、進歩 』★★★★★

 評判の名著。評判通り良い。スティーブン・ピンカーは進化心理学周辺で昔から大ファンだが、そうでなくても私はこの考え方にほぼ100%賛同するものである。適切な楽観主義は投資にも有用だと思われる。  本筋とは外れるが、...
書評

池尾和人『現代の金融入門』★★★

金融の基礎知識として知っておくべき事柄が網羅された良書が8月いっぱい半額キャンペーン中。とりあえずこの一冊読むだけで金融の存在意義とは何かいう基礎知識は網羅できていると思う。現代の金融入門 村越誠@投資資本主義 (@Mako...
書評

瀧本哲史『武器としての交渉思考』★★★

僕が瀧本さんの本で一番好きなのは、『武器としての交渉思考』。「自分がこんなにかわいそうだから、こんなに辛いからこうして欲しい」という他人だよりの思考から抜け出せる人生を変える交渉術。読んだことない人は読んでみてね。&mdas...
書評

ジャン・ティロール『良き社会のための経済学』★★★

 超分厚い。内容的にも幅・深さともに大変良い啓蒙書だと思う。フランス固有の話がちょっと多い以外は。
タイトルとURLをコピーしました