アメリカ

書評

マイケル・サンデル『実力も運のうち 能力主義は正義か?』★★★★★

 『これからの「正義」の話をしよう』『それをお金で買いますか』ともにあまり面白いと思わず、著者とそりが合わないと思っていたのに、これは予想外に非常に面白かった。  著者の主張に全面的に賛同するかはともかく、いわゆる...
書評

『リー・クアンユー、世界を語る』★★

 グラハム・アリソン著、ロバート・D・ブラックウィル著、アリ・ウィン著。  シンガポール行ったのでなんとなく。確かに賢明かつ意志の強い人物で、そりゃこんな人が独裁してたら発展するわな、という印象。  アメリカに対するアドバイ...
経済・金融一般

悪いのは監視ではなく権力の暴走

 「監視社会」と一言でまとめられてしまうから混乱するが、監視が増えるのは基本的に良いことである。ズルしようとしている人以外には。  おそらく「監視」を悪い意味でのみ使う人は、その対極に「道徳」を想定しているのであろうが、元を辿れば道徳...
経済・金融一般

米中新冷戦構造はFANGに有利

 しばらく前の日経新聞一面で見たのがきっかけで書くが、米中の新冷戦構造は、自分がまだFANGに楽観的な理由のひとつである。  これまでもそうだったが、巨大IT企業はネットワーク効果で勝手に太る。この流れはAI(≒ビッグデータ)重視の潮...
書評

エマニュエル・トッド『帝国以後 〔アメリカ・システムの崩壊〕』★★

 『文明の接近』が面白かったので、これも読んでみた。  面白いところもなくはないが、アメリカsageヨーロッパageの典型的なフランスインテリ的バイアスがかかりすぎのように思え、いまいち。  中国やロシアに関する楽観的な予測...
書評

グレアム・アリソン『米中戦争前夜――新旧大国を衝突させる歴史の法則と回避のシナリオ』★★

 興味深く重要な話ではあるんだけど、どこの誰でも言えそうなことしか言ってない気がして、いまいち。
書評

キャス・サンスティーン『シンプルな政府:“規制”をいかにデザインするか』★★★

 ナッジをうまく活用することで政府を効率的にできないかという話。  行動経済学で特別新しい知見はないけど、実際にアメリカ政府がここまで進んでいるとは思わなかった。日本では絶対にやってないだろうなあ。
書評

竹中正治『米国の対外不均衡の真実』★★★

 過去書評。竹中正治先生つながりで読んだ。  内容はタイトル通り。やや専門的で個人が投資の参考にできる部分はあまりないかもしれない。  ただ、陰謀論が横行するトピックなので、ざっとでも読んでおくと予防になるかも。
タイトルとURLをコピーしました