経済学

書評

ナイアル・キシテイニー『若い読者のための経済学史』★★★

 タイトルに相応しい内容。今の自分に役立つわけではないが、良書と思われる。
書評

『コンパクトマクロ経済学』★★★★

 飯田泰之著、中里透著。過去書評。タイトル通りのかなりよい教科書と感じる。
書評

チャールズ・ウィーラン『経済学をまる裸にする 本当はこんなに面白い』★★★★★

 啓蒙書。イメージとしては『まっとうな経済学』に近い。  元は2002年の本らしいが、古いことによる問題は特にない。訳者の山形浩生も言ってるが、かえって奇をてらってなくて良い。  著者の他の本も読んでみたくなった。
書評

ポール・ポースト『戦争の経済学』★★★★

"Economics of War" Review "よい戦争"とは何か「戦争の経済学」: わたしが知らないスゴ本は、きっとあなたが読んでいる  過去書評。投資の役には直接立たないかも知れないけど...
経済・金融一般

公益資本主義ヤバすぎ

 名前だけは目にしていたような気がするものの、たぱぞう氏の記事で初めて意識に止めた。 公益資本主義と資産形成の方向性 - たぱぞうの米国株投資  一目でヤバい。経済学なんも知らない人間が道徳的直感に基づいて決めた感ありあり。 ...
書評

ロバート・H・フランク『日常の疑問を経済学で考える』★★

 過去書評。こちらは累進消費税とかのいつもの主張とは関係なく、タイトル通りの啓蒙書。小中学生とかにもいいかも?
書評

シルヴィア・ナサー『大いなる探求 経済学を創造した天才たち』★★

 ちぃ、おぼえた。ケインズはバイ。  ……というのは冗談だが、本当にそれしかおぼえてない。過去書評。
書評

ノルベルト・ヘーリング『人はお金だけでは動かない―経済学で学ぶビジネスと人生』★★★

 過去書評。邦題だとインセンティブに関して突っ込んだ本かと思うが、原題では"Economics 2.0"で、経済全般の啓蒙書。やや初歩的かもしれないが。中学生ぐらいに読ませるのもいいかも?
タイトルとURLをコピーしました